64ビット版ドライバのデジタル署名について

お世話になります。

64ビット版 windows7 対応のアプリ作成の折、cypress 製ドライバを組み込んでいる
関係上、こちらのデジタル署名が必要となりました。
(cypress では対応していないため)

コードサイニング認証が必要との事で、認証機関に問い合わせたのですが、
「タイムスタンプ付き」認証について、各社での対応が異なっている様に
見えます。

・GlobalSing 社
⇒ スタンプサーバの証明書の有効期限は、2020年12月22日までになります
http://jp.globalsign.com/support/index.php?action=artikel&cat=13&id=344&...

・VeriSign 社
⇒ 証明書の有効期間には影響なく、ソフトウェアの実行時には常に以下のダイアログが表示さます。
https://www.verisign.co.jp/codesign/help/faq/210015/index.html

意向としては、アプリケーションが個人向けのものであるため、一旦リリースしたもの
に関して、有効期限は設けたくないのですが、、

この辺りの情報に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたいと思います。

以上、宜しくお願い致します。

GlobalSing社の証明書を

GlobalSing社の証明書を使用した署名には、2020年が期限のタイムスタンプサーバの有効期限の制約があるとは初めて知りました。
VeriSign社の証明書を使用した署名にはタイムスタンプサーバの有効期限の制約はなく、無限または100年間有効と聞いています。

リンク先を見る限り、有効期限を気にするのでしたらばVeriSign社の証明書を使うしかないと思います。
私は以前、GlobalSing社の証明書を使ってVeriSign社タイムスタンプサーバで署名していた事がありますが、その署名はいつまで有効なのかは確認していません。

hidaka

hidaka 様
ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。